妊娠中のカンジダはヨーグルトで治ると医者も薦めている

妊娠中にカンジダ症になってしまった方は非常に多いと聞きますが、生態系専門の医者もヨーグルトで治ると薦めています
それはなぜかというと、れっきとした根拠があるからです。
妊娠中にカンジダを患った22人の患者にヨーグルトを毎日6ヶ月投与した結果、18人が完治したそうです。
つまり80%以上の確率でヨーグルトを毎日食べ続ける事によってカンジダを自然治癒させることが出来るのです。
こういった学術的な論文がすでにオーストラリアで出回っており、日本はかなり認知が遅れてると言えます。
カンジダになってしまった場合はヨーグルトをいち早く摂取することが良いでしょう。
日本の産婦人科は基本的には同じような薬しか処方されず全くかゆみが収まらなかったり、カンジダの症状が改善されない場合が多いのです。
ですので、ありとあらゆる人が改善策を求めてカンジダ症を抑えるための方法を模索しているのです。
当サイトではヨーグルト、乳酸菌、善玉菌に纏わるプロバイオティクス食品を徹底的に薦めています。海外では前例がすでにあり、消費者側の受け入れる体制も整っているのです。
日本だけが遅れていると言える現状では、カンジダ症はヨーグルトで治すことが出来ると知らない人が多いでしょう。
そして、同じヨーグルトだけを食べ続けるのもいけないのです。
自分の体内に必要な細菌の種類は人それぞれ違っており、何百兆という体内に救っている細菌をコントロールする必要があるので、同じ種類のヨーグルトをとりあげず2ヶ月、治らなければ別の種類のヨーグルトを2ヶ月毎日摂取すると良いでしょう。

コメントを残す