カンジダ症のかゆみを我慢せず、早めの受診をお勧め!

カンジダ症になったことが2度あります。
どちらも、仕事が忙しかったりして体力が落ちていたときでした。
どうにも我慢できないかゆみが四六時中続いて、ネットで調べると“カンジダ膣症”という症状が載っていて、これかも、と思いながら婦人科を受診しました。
カンジダは常在菌で、普通にしていれば何ともないのですが、体力が落ちて抵抗力が低下するとかゆみなどの症状が出てしまうそうです。
私の場合もまさにそんな感じでした。
ただし、私の場合、おりものの増加やニオイは特にありませんでした。
診察は、内診台に乗って、膣内の分泌物をこすり取ったようなかんじで、それを検査に出すようなことでした。
痛みは全くなく終わりました。
婦人科の内診の経験がある方なら、何の抵抗もなく受けられる診察だと思います。診察の終わりに膣に挿入する薬を入れてもらいました。
その日のうちに、診察終了時に入れていただいたのと同じ、膣に挿入する小指の半分くらいの大きさの錠剤と、塗り薬を処方されました。
結構大きな膣剤ですが、説明書に書いてあるとおりに使用すると、初めてでもちゃんと入れることができました。
症状が出ていたときはかゆくてかゆくて頭までかゆくなりそうなほどで何も集中できない、というほどでしたが、膣剤を入れて2、3日たつうちには症状がおさまり、楽になることができました。
処方された塗り薬のほうは1回だけ使ってみたものの塗った感じがあまりよくなかったので、錠剤だけ使用していました。
それでも十分に効果があり、症状をなくすことができました。
かゆみなんかの症状のために婦人科を受診するのはちょっと抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、あんなかゆみに悩み続けるのならば、すぐに受診してお薬をいただいて治療することをお勧めします。
何の痛みもなく数日でかゆみを止めることができるのですから。
あとは、あまり疲れないように日常生活のリズムを整えたり、あまりストレスをため込まない、なども有効かもしれません。

コメントを残す