若い血液を体内に取り入れることで自然治癒力があがる

最近の研究で若い血を取り入れると自然治癒力が上がることが分かったのです。
実際に2014年トロント大学が行なった実験で、若い血液が年老いたマウスの身体を若返らせたのです。
つまりカンジダ症も若い血液がもつタンパク質が細胞を修復する時代がくるかもしれません。
この常識が覆れば若い人の血液を取り入れるという治療法が一般的になる時代がくるかもしれませんね。
我々の身体は日々劣化し、老衰していっているわけですから、若い人の血液が自然治癒力などを上げているといった考えは盲点でした。
骨の修復や骨芽細胞の回復も促進し炎症などを素早く抑えるようになるなど、本来人間が持つ回復力というのを促進させるのは凄い効果だと思います。

今回の実験が一般的になれば将来的には、カンジダ症はもちろんニキビなど現代社会に生きる人間がストレスを抱えやすい身体トラブルがぐんと減るのではないかと推測されます。

他にも自己再生機能や自己防衛機能といった免疫力を高めるには、食生活・睡眠・運動などを調度良いバランスで保ってあげることが大切と言われています。
子どもの頃はよく走り回ったりして運動不足になることはありませんでした。
デスクワークなどをしている方はもはや腕があがらないほど肩の可動域が狭まったりして、階段を登るだけで息切れ、更には煙草などを吸って肺を痛めつけている人が沢山いるわけです。
仕事が忙しくて食べものも添加物のコンビニ弁当だけになるなど、お金という物のために人間は命を削っているわけです。

せめて日々のストレスはその日のうちに自然治癒させるような生活環境を維持することが長生きや病気の治療にも大切なのではないでしょうか?

カンジダ症を自然治癒させるにはケフィアが良い?

カンジダ症を自然治癒させるにはケフィアがおすすめです。
なぜヨーグルトよりもケフィアのほうが良いと言われているのか?
それは酢酸菌類が含まれているからです。
よく混同されるカスピ海ヨーグルトと違う部分は沢山ありますがカンジダにおいては様々な乳酸菌の種類を含んでいるケフィアのほうが改善が望めるでしょう。

そもそもカンジダ症は再発しやすい病気ですし、医師に塗り薬を貰い一時的に解消しても半年後に再発などよくあることだからです。
特に妊娠中は体内に命を宿すことでバランスが崩れやすいので初めて罹る方も多いとか。

カンジダ症を治すにはヨーグルトが効果的と昔の実験や論文でも明らかになっていますが、自分の体内に必要な菌がそれぞれ違うらしいので、ある一定の期間ヨーグルトをきちんと食べて、症状が改善しないようであれば次の乳酸菌を沢山含んだ発酵食品などを食べるのが良いらしいです。

NHKで取り上げられてから爆発的に人気になったヨーグルトですが、腸内フローラと呼ばれる体内の菌を司る部分が全ての病気を支配しているとも考えられているのです。
人間が罹る全ての病気は菌のバランスによって変わるという考え方です。
牛乳などは昔から完全栄養食品と言われていましたよね。時代は変わりつつあるという事だと思います。
特にカンジダ症は下の話になるのであまり大っぴらに話をする人も少なく、ネットで調べて医師に相談という方が非常に多いみたいなので、体内環境を改善するだけでもヨーグルトを毎日食べることは非常に良いのではないか?と私は思います。