発症までの症状

syoujou

妊娠中にカンジダが発症するまでの症状は具体的にはありません。
つまり潜伏期間がないので、何かきっかけとなるトリガーを引いた翌日だったり、具体的には1~2週間程という認識で良いでしょう。

膣カンジダは女性のみに見られる症状ですが、男性でも亀頭にカンジダが出来る場合があります。
女性と男性の違いは殆どが無症状ということで、女性の場合は外陰部や膣の痒みが一般的な症状として挙げられます。
つまり寝不足だったり強いストレスを感じだり、自律神経が乱れていたりするとなるので、発症するまでの具体的な症状というのはないのです。

カンジダ菌を保有しやすい体質の人は腔内にもカンジダ菌が多く繁殖している場合もありますので、常日頃から清潔に過ごすことが大切です。
発症までの症状がなく、突然襲ってきてしまうカンジダ症ですが、上手く対処することで何のトラブルもなく過ごせるようになるので、自分にあった対処方を専門家の意見を交えて一緒に乗り越えていきましょう。
一般的にカンジダにはケフィアが効果的と知られているので、予防の意味でも乳製品を多く摂っておくと羅患のリスクが減るかもしれません。

私は大人になってから花粉症になってしまったのですが、その頃とほぼ同時にカンジダ症も発症しました。
おそらく花粉症というアレルギーが何かのトリガーになったと思うのですが、花粉症もカンジダもヨーグルトが効果的なんですよ。
もしかしたら体質改善という万能薬はヨーグルトなのかもしれません。

コメントを残す