発症した時の対処法

Medical physician doctor hands. Healthcare background banner.
カンジダ症をもしも発症してしまった場合は、妊娠中であればできるだけ早くかかりつけのお医者様に相談したほうが良いでしょう。
膣カンジダという病気は10代~50代女性の約5人に1人は経験しているのでそんなに気負う必要はありません。
性病でもなければとてもポピュラーな病気なので、まずは自分自身で原因となった理由を整理しながら病院の予約を取りましょう。
カンジダの主な原因といえば、ホルモンバランスの崩れが挙げられます。
特に生理前後に経験しやすい方が多く、このパターンの方は何度も再発と改善を繰り返せすらしいです。
次に睡眠不足や疲れが溜まっている可能性があります。
どちらも免疫力が低下してしまうので、必ず睡眠は充分にとるようにして、疲れをリフレッシュするように意識してください。
そしてもし、これらのことが全く当てはまらないという方は、カンジダに接触感染した場合もありえます。
パートーナーである男性が羅患しているとこのようなことが起こりえるので、きちんとパートナーに打ち明けるべきでしょう。
妊娠中であれば絶対に行きつけの産婦人科の医師に話すようにしてください。
膣錠が処方されると思うのでそれを使用していれば次第に軽快していくでしょう。
クラビットという構成物質も使用される可能性がありますが、こちらはとてつもなく怖い副作用が認識されているので、扱いに注意が必要です。
私の場合は何も知らずにクラビットを2週間飲んで完治いたしましたが、ネットで調べたところあまり人におすすめできるものではありませんでした。
医師に従うのが何よりも大切だと思います。

コメントを残す