気がついたら…妊娠中にカンジダ症が発症していた

私はなんだかおかしいなっと思ったら、やっぱり…ってことが多いですね。カンジダ症っというと、性感染症だと思い最初はとても不安でした。
初めてカンジダ症にかかったときも、婦人科なんて行ったこともありませんでしたので、病院に行くのも抵抗がありました。
しかし、性感染症なら、そのままにしておく訳にもいかないので、こっそり近所の婦人科で診察してもらいました。
先生に問診をしていただくと、すぐに「カンジダ」っという言葉が出てきました。
その後すぐに、誰でもなる病気だし心配することはないっという説明を受けました。
感染経路は?っと伺うと、誰かから移ったっという場合だけではない。抵抗力や免疫力、ばい菌が入ってもなるっと。妊婦さんでもなるし、簡単に直せますっと言われとてもホッとしたのを覚えています。
そして診察はっというと、未知の機械にのって足を開かせるのでとても怖かったです!
不安だったし、少し痛みもありました。その時にカンジダ症ですねっとハッキリ言われました。
子宮の様子も見ていただき、膣内も洗ってもらいました。
そして薬は、病院で1回入れるだけっという薬でした。
それで効果があるんだそうです。診察は終わって診察台から立つと足が震えました。
とても怖かったんでしょうね。
追加の薬で、塗り薬も出してもらいました。
朝と夜に塗ってくださいっと言われました。
診察は怖かったですが、やっぱり専門の先生に診てもらうと安心しますね。
その後、翌日翌々日くらいは、大量のおりものが出て大変でした。おりものシートでは少し不安だったので、ナプキンにしていましたが、あまりよくなさそうですね(笑
しかし、おりものの多さからは想像できませんが、痒みはドンドン引いていきました。
1週間くらいですぐ治るっと言われていたんですが、本当に1週間もかからず治ってしまいました。
痒み、おりものの異常があっても、パートナーから移されるっという場合ばかりではないっということも分かりました。
何事も経験ですね

コメントを残す