妊娠中のカンジダ症について

妊娠中のカンジダ症について

不潔にしているから、カンジダ症になるのではありません。感染症に分類されますが、性感染症ではないので、性病でもありません。

妊娠すると、普段は低酸性に保たれている膣内のph値がアルカリ性に傾く為に、カンジダ菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。それに加えて妊娠中は体温が高めになるので汗をかきやすく、身体を覆う下着の面積が広くなる為、どうしても蒸れやすくなります。妊娠中に初めてカンジダ膣炎を発症する人が多いのはこのためです。出産前に完治させないと産道で赤ちゃんに感染させてしまう恐れがあります。命に関わる恐れはありませんが、産まれて来た赤ちゃんが鵞口瘡(がこうそう)という口腔内に白い苔のようなもので覆われる病気やカンジダ皮膚炎によるひどいオムツかぶれを起こしたりします。

出産前にカンジダ症が治らなかった場合は?

通常、出産前にはカンジダ菌のチェックをします。出産前までに完治しなければ、感染予防の点滴をしながらの出産になります。必ずしも感染する訳ではありませんが、初めての出産、育児には不安や心配なことも付きまといますね。出来る限り、万全な身体作りをして出産に臨みたいものです。

カンジダ症の初期や軽度の場合、無自覚の場合も。検査でカンジダ菌が検出されて初めて分かる人もいると思います。治療は、膣洗浄や抗真菌薬の膣内挿入になりますが、座薬の挿入は、お腹が大きくなっている妊娠後期には自分では正しい位置への挿入が難しくなります。医師と相談しながら出産に向けて治療することが大事です。

一時的に治っても、再発しやすいのがカンジダ症

しかし、妊娠中は普段より体力も低下し免疫力も落ちている為、発症するとなかなか治りにくいのです。その上、大きくなっていくお腹に内臓が圧迫されて便秘がちになるので、腸内で悪玉菌の繁殖が優勢になります。日和見菌の一種であるカンジダ菌は、善玉菌が優勢な時には多少保菌していてもさほど健康には影響を与えませんが、悪玉菌が優勢になるとそれに加勢するかのような働きをしてしまうのです。治療で一時的に症状が軽快しても、すぐに再発するのは善玉菌のバランスが崩れてしまう。それが、カンジダ膣炎の治りにくい実体です。

コメントを残す