妊娠中のカンジダはヨーグルトで自然治癒する

普段からカンジダ症になりにくい健康な身体作りをすることが、産まれてくる赤ちゃんの為にも最も大切です。

出産後は、育児に時間が取られる上、2〜3時間置きの授乳など、お母さんは万年睡眠不足に落ち入り、出産前からの体力の低下を引きずってしまいます。妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんに栄養素を持って行かれるので、カルシウム不足から虫歯や抜け毛などに悩まされる人もいます。

以上のことを踏まえて、より快適な妊娠ライフを送ることが産まれて来る赤ちゃんにも必要なことなのです。カンジダ菌の働きには、先ほども述べたように悪玉菌を減らすことが最も大事なポイントです。

腸内の悪玉菌をコントロールしよう!

悪玉菌を減らすには、質の良い善玉菌を腸内に増やして、日和見菌であるカンジダ症をコントロールすることです。このことは、あまり病院では教えてくれないのです。

つまり、カンジダが発症したら、抗真菌薬を使用した対処療法で治療する→腸内改善が出来ていないので一時的に治っても再発を繰り返すというスパイラルに落ちいるのです。

腸内環境を最も好ましい状態を保つために欠かせないのは、良質な乳酸菌を含む食品を積極的に取り入れることです。しかも、活きたままの善玉菌を腸内に届けなくては意味がありません。その点、ヨーグルトは大変お勧めです。

カンジダ症を治癒へ導く輸入サプリメントなどの多くは”殺菌”をうたっています。
殺菌されれば症状は確かに軽快すると思います。しかしながら、善玉菌を増やし、自らが悪玉菌の働きを抑える治癒力や免疫力アップを図ることが望ましいのです。

そうです、治すのではなく発症しない身体作りを目的にするという考え方です。ヨーグルトは、善玉菌を増やし免疫力を上げ、妊娠中のカルシウム不足にも効果的です。ヨーグルトの持つパワーを今一度、見直してみましょう。

便秘がちな人はとにかく便秘を解消することが先決

善玉菌(デーデルライン桿菌)を増やすには食物繊維たっぷりの野菜(根野菜)
を取り入れ便秘を解消して、乳酸菌豊富なヨーグルトを食生活に取り入れましょう。この場合のヨーグルトは、糖分の無い生きたまま腸内に乳酸菌が届くヨーグルトが好ましいです。

コメントを残す