主な病気

多くの人がカンジダ菌に悩んでる!カンジダを治して、再発を予防する為に体質改善しよう!

このサイトは、誰もが体内に持っているカンジダ菌をコントロールし、カンジダの不快な症状を改善することを目指していきます。

カンジダ菌とは

真菌の一種で、健康な身体の人の体内にも普通に常駐していますが、何らかの原因によりカンジダ菌が異常繁殖し、カンジダ症と呼ばれる症状を引き起こします。

女性の場合、生涯のうちに70%の人がカンジダ症を経験し、そのうちの半数が再発を繰り返しています。それほどたくさんの方がカンジダ症に悩んでいる訳です。

カンジダ症の起きる主な部分は、手足や口腔内、女性の膣内などです。

女性のカンジダ症の場合、一番多いのがカンジダ膣炎です。

カンジダ膣炎(膣カンジダ症)とは

カンジダ膣炎の主な原因は、心身の疲れや免疫力低下、風邪の時に服用する抗生物質の作用により体内の善玉菌なども殺菌してしまう為、真菌が繁殖し過ぎてしまったり、腸内バランスの乱れによって起こります。性行為が全くなくても発症するのが特徴です。多くの方に誤解されている一つでもあります。

症状としては、陰部の強いかゆみや腫れ、熱感に加え、おりものが増えチーズ状になったりします。初めてこの症状になった時には迷わず婦人科へ行きましょう。治療方法は、真菌テスト(痛みも無い簡単なもの)をした上で、膣洗浄や飲み薬や塗り薬、座薬などの処方箋をもらいます。かゆみは3日程度で落ち着き、1週間〜10日程で良くなるでしょう。

しかし、先ほども述べたようにカンジダ症経験者の半数が再発、繰り返し症状に悩ませられてしまいます。

そこで、再発を予防する為に、再発してしまった方は早めに生活習慣を見直し体質改善をはかり、カンジダ症が発症しにくい身体作りを実行しましょう。

少しの努力で、あの不快な症状とおさらば出来るのです。

カンジダ膣炎を予防する方法

まずは、カビを増えにくくする努力をすることが大切です。湿気の多い場所はカンジダ菌にとって住心地の良い場所なので、蒸れを防ぐようにしましょう。

ステロイドや市販されている痒み止めを使うことは、かえって悪化を招く可能性があるので、お医者さんに使用してもよいか確認してからにしましょう。家族に勧められたからといって「オロナイン」を外陰部に塗って、その場を凌ぐようすすめている方も居ましたが、塗って染みたり、何かしらの刺激を感じた場合は絶対に控えるようにしましょう。

コメントを残す