カンシダ症について

カンシダ症とは正式には性器カンシダ症といいます。
特に女性に多い病気になっています。
パートナーから感染することもありますが、もともとは人の体内にある菌ともいわれています。
男性に症状が出ることとは少ないですが、包茎の人には女性と同じようにかゆみなどの症状が出やすくなります。
カンシダ菌はカビの一種です。
カンシダ属の真菌(カビの一種)が原因となって起こる病気です。
次に感染についてですが、性行為による感染もありますが、自己感染もあります。
もともとは人が体内で持っていることが多い菌なので、何らかのきっかけ(体調を崩すなど)によって、様々な症状を引き起こします。
病気の症状として男性は、性器にカンシダ菌を保有していても症状がほとんど出ません。
先ほども記載した通り包茎の方や、糖尿病、ステロイド剤の投与などが原因で、症状が出ることもあります。
男性の主な症状として亀頭のかゆみやただれ、亀頭に小さな水泡、稀に尿道炎を起こすこともあるみたいです。
女性の場合は、膣と外陰部に同時に症状が現れることが多く、外陰膣カンシダ症といわれます。
主な症状として外陰部や膣のかゆみ、性器の炎症、性交通、排尿障害などがあります。風邪、疲労、ストレスなどで免疫力が低下したり、ステロイド剤抗生物質の使用妊娠などで症状が出ることがあります。対処法としては、明らかに自覚症状がある場合には病院へ行き診断することをお勧めします。
忙しい方には自宅にて検査することもできます。治療の流れとして、感染していると診断されていると診断されたら、約2日間間通院、軟膏塗布、膣剤の使用などをします。
再検査を行いOKでて、かゆみやおりものなどの症状が無くなれば、治ったことになります。
予防法として、性行為による感染の予防にコンドームを使用しましょう。
免疫の低下につながる要因の薬剤の使用(ステロイド剤の使用、抗生物質など)や糖尿病、肥満、免疫不全、不潔、多汗などを取り除くようにしましょう。

コメントを残す